• マイホームを貸すには

マイホームを貸すには

JTIが指定する審査機関の建物診断を利用者の負担で受診していただきます。その結果、賃貸のために補修が必要と判断された場合は、最低限の補修が必要となります。
特に「マイホーム借上げ制度」では、借り主の安心のために、一定の耐震性が確保されている住宅であることが前提となっています。耐震性について定めた、1981年6月の「新耐震基準」以前に建築確認が申請された住宅については、原則的に耐震診断を受けていただきます。

耐震診断ってなに?

耐震診断ってなに?

耐震診断とは、その名の通り、地震に対し、一定の耐久性があるかどうかチェックすることです。

昭和56年(1981年)以前の耐震基準は旧耐震基準といって、「震度5程度に堪えうる住宅」と規定されます。それ以降の耐震基準を新耐震基準といって、「震度6以上の地震で倒れない住宅」と規定されています。

耐震基準は、該当の建物が新耐震か旧耐震かをチェックするとともに、長年使い続けたことで起こる劣化を調べ、自身に堪えられるかチェックするもので、人間でいう「健康診断」にあたるのです。

地震大国である日本において、耐震診断はとても大切なものなのです。

耐震診断は誰でもできるの?

耐震診断は誰でもできるの?

耐震診断では、家の痛みや腐食だけではなく、設計や建築などの専門的な調査を行います。

日本建築防災協会が「誰でもできるわが家の耐震診断」というリーフレットを出しており、確かに誰でもチェックできるのですが、より精度の高い診断にはプロの視点が必要です。

ネクサスRグループでは、耐震診断の熟練したプロが皆様のお家を丁寧に診断します。

耐震診断を必要とする住宅

耐震診断を必要とする住宅

主に耐震診断が必要だと言われているのは

  • ・1981年6月(建築基準法改正前に建てられた住宅)以前に建てられた旧耐震の住宅
  • ・増改築・リフォームをなど、部屋の配置が変わった住宅
  • ・被災したことがある住宅
  • ・複雑な形状をしている住宅
  • ・窓がたくさんある住宅

など、いろいろあります。また、これらに当てはまらない住宅でも、建築年数が古くなれば劣化は必ず起こるので、100パーセント安全とは言えません。気になる点があれば、耐震診断を受けるようにしましょう。

耐震診断にかかる時間はどのくらい?

耐震診断にかかる時間はどのくらい?

ネクサスRグループでは必ず二人一組で診断を行います。それでも住宅をしっかり確認しようとすると3時間は頂いております。

耐震診断も短略化しようとすれば、いくらでも早く点検は終わるのですが、そうはせず第三者機関の基準に則った耐震技術認定者が丁寧に確認をします。もちろん、調査結果も分かりやすく説明をさせていただきます。

診断で、壁に穴を開けると聞いたのですが・・・?

診断で、壁に穴を開けると聞いたのですが・・・?

ネクサスRグループの耐震診断では、精密機械での調査ですので、穴を開けたり、壁を壊すなどの調査は行いません。

※ただし、工事などが必要とされる「精密診断法」の場合、穴を開けたり壁を壊すケースもあります。
もちろん、その場合は必ずご説明をし納得いただいた上で行います。

家具があってもできますか?

家具があってもできますか?

はい、特にお客様に家具を移動してもらう必要はありません。
ただし筋交いの有無などの場合は、こちらで移動させていただくケースもございます。

ネクサス・アールハウジングが耐震強化などのリフォームを行い、
JTIの基準を満たす確かな住まいにいたします。

詳しくはお問い合わせください