海外で暮らしたい

海外で暮らしたい

南国のリゾート地で
「楽しく・優雅に・のんびりと」

海外でのんびり暮らしたい…そんな夢が、セブ島なら叶います!
セブ島はフィリピンの島の一つで、日本から5時間弱の距離にあります。日本からだけではなく、アメリカやヨーロッパからの観光客も年々増加している、世界的なリゾート地です。

リゾート地としては、ゴルフやマリンレジャーが充実。しかも物価が日本より安いため「優雅に楽しく快適に生活できる」と、リタイア後の移住先としてもとても人気があります。

青い空と青い海に囲まれた南国の楽園に住まいを持つのも、けっして夢ではありません。

日本とは一味違う、海外ならではの暮らし

セブ島の魅力

セブ島の魅力

何と言っても海の美しさにありますが、実は隠れた魅力として「物価の安さ」が挙げられます。
食費や居住費はもちろん、タクシー代やお手伝いさん等の人件費といった生活に直結するものの価格も安いく、食費に至っては日本の半分~3割程! 日本食レストランも充実しています。

例えば日本円で月10万円程度の生活費でも、日本よりも広い高級マンションで、快適な南国生活をエンジョイできます!

暖かい気候の中で、のんびりとした生活を

暖かい気候の中で、のんびりとした生活を

セブ島は、四季が無い常夏の島です。
年間平均気温が26~27℃で、一番涼しい1月ころでも25℃程度。日本の冬のような厳しい寒さはありません。それでは連日猛暑でぐったりしてしまうのでは…と、お思いの方もご心配なく!日本の夏とは違い湿度が低いカラッとした暑さなので、むしろ日本より涼しいと感じる方も多いくらいです。

「春」「夏」「秋」「冬」の四季がない代わりに「乾季」と「雨季」がありますが、1日中雨の日は台風のとき位で、雨ばかりで憂鬱なんて心配もありません。一年中穏やかで暖かい気候の中で送る生活は、時の移り変わりを感じさせてくれる日本の四季とはまた違った、新たな発見があるかもしれません。

おおらかでお年寄りへの気遣いもある、フィリピンのお国柄!

おおらかでお年寄りへの気遣いもある、フィリピンのお国柄!

フィリピンは日本と同じ島国のせいか、気質がとても似ています。
例えば、日本人とおなじか、それ以上に家族や高齢者を大切にします。

また、フィリピン人の奔放さは、他人に深く干渉しない優しさ・おおらかさとも言えます。海外で住むことは、日本的でないものと共生することでもあります。セブ島に住むとしたら、ぜひ、おおらかさを胸に。

ネクサスRなら他にもこんなサービスがあります